みすず綜合コンサルタント

みすず綜合コンサルタント

3D LASER SCAN SERVICE三次元計測事業

3Dレーザー計測・解析サービス

地上から、空中から「心」以外のすべての三次元データを取得します。

可搬性に優れ高精度な計測を可能にする地上レーザースキャナ

最長1,400mまで計測可能
測定精度8mm

測量用の三脚や高さ5mまで伸びるリフト機にレーザー本体を設置し、危険が伴う現場でも直接目標に触れることなく正確な三次元データを取得します。機材を背負って現場に行くため、人が移動出来る場所であれば、どこでも三次元計測が可能です。

  • 狭い空間でも正確なデータを計測

    レーザーが入る空間(高さ60cm程度)があればどこでも三次元計測を行います。
  • 立ち入りできない危険地域での計測

    最長1,400mの計測距離で、計測対象地から離れた場所からでも十分な余裕をもって計測します。
  • 専用昇降機で高位置からの計測

    最高5mの電動リフト機により高位置からの計測も可能。平地や障害物の多い現場での計測に威力を発揮します。

実例紹介Case Study

  • 災害現場

    危険が伴う災害現場でも、1,400mの長距離計測により詳細な計測が安全に行えます。

  • 電動リフト機計測

    平坦な土地では、高高度からの計測が威力を発揮します。

  • 排水トンネル計測

    専用台を用いて排水トンネルの変状計測も実施できます。

実例紹介はこちら

動画で見る計測実例Case Study

  • 計測事例 【別所線橋梁】

    別所線(べっしょせん)は、長野県上田市の上田駅から別所温泉駅までを結ぶ上田電鉄の鉄道路線である。 別所温泉への湯治客輸送のために1921年に開業した。かつて側面に丸窓を持つ「丸窓電車」が走っていたことで知られる。
    引用先:Wikipedia
  • 計測事例 【地すべり応急対策工事】

    地すべり応急対策工事に伴う現況測量を3Dレーザースキャナ計測により実施。得られたデータより数値地形モデルを作成。地すべり機構の解析、安定解析に利用しました。
  • 計測事例 【砂防堰堤】

    砂防堰堤修繕工事に伴う現況測量を3Dレーザースキャナ計測により実施。 従来の測量手法では、複雑な地物の測定は困難であったが、本計測による地物の数値化により、内部の空洞化の範囲が詳細に確認されました。
  • 計測事例 【松本城】

    松本城(まつもとじょう)は、長野県松本市にある城で、国の史跡に指定されている。松本城となる以前は深志城(ふかしじょう)と呼ばれていた。市民からは別名烏城(からすじょう)とも呼ばれている。
    日本国内に12基現存している、安土桃山時代後期から江戸時代にかけて建造された天守を有する城郭の1つである(現存12天守)。天守群は国宝に指定されている。
    引用先:Wikipedia
  • 計測事例 【旧宣教師館】

    旧宣教師館は、明治三十七年(1904)カナダ・メソジスト派新参町教会の婦人宣教師の住宅として、上田城跡に近い丸堀〔まるぼり〕に建てられた。
    宣教師たちは、新参町教会での布教とともに幼稚園教育を実践し、その幼稚園教諭の養成も手がけ、幼稚園教育は梅花〔ばいか〕幼稚園で行われ、幼稚園教諭の養成は、この宣教師館を使って行われた。
    明治38年に、宣教師館に保母教育に専念する上田保姆〔ほぼ〕伝習所が正式に設置され、大正8年に伝習所が東洋英和女学校(現在の東洋英和女学院)に移されるまで、上田の宣教師館が保母教育の拠点となっていました。
    引用先:上田市文化財マップ

仕様Spec

名称 / メーカー
VZ-1000/RIEGL社
レーザー安全規格(IEC60825-1:2007)
アイセーフクラス1 ※1
測定距離反映 ※2 反射率≧90%の自然物ターゲット
1,400m
測定精度※3
8mm
測定確度
5mm
有効測定レート
29,000点/秒(70KHz)122,000点/秒(300KHz)
レーザー波長
近赤外線
ビームの広がり角 ※4
0.30mrad

※1 「クラス1」人体に障害を与えない低出力(概ね0.39μW以下)
※2 平均的な状況での標準値。曇り空より明るい太陽光の下では距離が短くなります
※3 標準偏差+距離依存誤差≦20ppm ※4 0.30mradは100mの距離で3.0cmのビーム幅に相当します。

短時間で広範囲の計測を可能にするUAVレーザースキャナ

最長920mまで計測可能
測定精度10mm

航空レーザーにも使用されるApplanix社のGNSS/IMUと、RIEGL社のUAV専用レーザーを採用することで、広範囲に精度の高い計測を実現しました。さらにプラットホームにはラジコンヘリ、産業用UAV設計の第一人者であるPRODRONE社副社長 菅木紀代一氏設計の機体を採用し、安全な飛行による迅速な計測を実現します。

  • 日本初導入の高精度レーザー搭載

    測定精度10mmのRIEGL社VUX-1を採用。さらにカメラを2台搭載し、取得したデータはカラー点群化に対応しています。
  • 広範囲の地形データを素早く計測

    レーザー到達距離は最大920m。測定レートは1秒間に500,000点。広範囲のデータを素早く計測します。
  • 山間など地上からの計測が
    困難な場所で威力を発揮

    1回の航続距離は、およそ2km。 遠距離からも自動航行を行う事で、必要な範囲を正確に計測します。

実例紹介Case Study

  • 森林計測断面図

    樹下の地表までレーザー光が届き、地表を直接計測できます。

  • 造成地計測(A=2,0ha)

    UAVの飛行時間10分で、2haの計測を完了。カラー点群処理により地形が明確となります。

  • スキー場計測

    広範囲の計測が可能なため、森林地域やゲレンデリフトのケーブルも詳細に計測します。

実例紹介はこちら

仕様Spec

  レーザースキャナ GNSS/IMU UAV
名称 / メーカー VUX-1UAV/RIEGL AP20/Applanix社 PD-6BL/PRODRONE社
性能・諸元

安全規格アイセーフクラス1

測定距離スキャナーより920m

測定精度10mm

最高測定レート500,000点/秒

視野角スキャナーを中心に330度

カメラSONY α6000

標準偏差ローリング0.015度

標準偏差ピッチング0.015度

標準偏差ヘディング0.035度

速度誤差0.01m/s

飛行時間10分(バッテリ残量40%)

翼間距離1.7m

機体制御GPS/GLONASSによるオートフライト コントローラ搭載

機体総重量 23.4kg 23.4kg 23.4kg
操縦士 JUIDA認定無人航空機操縦技能士 または ラジコンヘリ操縦経験30年以上のオペレーター
安全運行管理者 JUIDA認定安全運行管理者

Analysis Service計測サービス

計測データの計算・解析

・データの合成処理 ・フィルタリング ・数値地形モデル作成

各種出力

・数値地形図 ・差分解析 ・CS立体図 ・湛水シミュレーション
・最終処分場等の各種残容量管理 ・i-Construction対応成果の提出

様々な形式の解析データ作成が可能です

  • 段彩図

  • ソリッドモデル

  • TINモデル

    (Triiangulated IrregularNetwork不規則三角形網)

  • 数値表層モデルDSM

    (Digital Surface Model)

実例紹介はこちら

業務に関するお問い合わせは、
電話・Fax・Eメールのいずれかをご利用ください

TEL.0268-24-8230 (9:00〜17:00)
FAX.0268-24-8353 (24時間受付)

メールでのお問い合わせ

  • GIS
  • G空間
  • 長野CIS協会
  • 一般社団法人 全国地域活性化支援機構

みすず綜合コンサルタント